「支援の輪広げたい」平松愛理さん神戸でライブ20年度県内公立高入試 多部制の志願変更見直し
支援10年 神戸のNPO法人「HANDS」誰もが助かる地域づくりを 阪大院教授が防災講演
お母さん見ていてね 震災遺児2人が手紙 神戸で集いこのまちにあふれる三つの魅力―「観力」「美力」「味力」に迫る
わいざつで下町情緒あふれるまちの魅力に迫る神戸新聞NEXT | 無料動画(ニュース) | 待機電車や懐かしの車両も 名谷車両基地の写真映えスポット

 今週の3歳さんの時間。「春ですね。もう少し暖かくなると、海では潮干狩りができるようになりますよ。海に行ったことは、ありますか?」 「はい!」と元気にお答えができました。「そうですか。潮干狩りって、知っていますか?」 こちらは、ちょっと知らないな、という表情。こども用の春の図鑑か...

「食事中に、3歳の息子の手がコップにあたって、落としてしまいました。故意にではなくて、まちがって落としてしまったんです。息子はわたしに、『拾って』と言うのですが、こういう場合に、わたしが拾った方がよいのですか? それとも、自分で拾わせる方がよいのですか?」 こういうご質問をいただ...

地図情報大手のゼンリン(北九州市)が提供するシステムを導入

待望のわが子との対面。 10か月の妊娠期間を経て、つわりの予期せぬ吐き気や食欲不振からくる倦怠感、小さな命を守らなければという緊張感と不安のフィニッシュを喜ぶ間もなく、育児はスタート。 育児書や情報のなかで得られる知識は、ガイドラインのようなもの。今、目の前のこの子にぴったりのこ...

土砂災害の被害想定や避難所の位置などを記した「ウェブ版ハザードマップ」を初めて作り
災害時は「避難先を明記し倒壊家屋に貼り付ければ

20代の編集者時代。香港の大富豪マダムを取材する機会がありました。「子育てで、いちばん、大事にしていることは何ですか?」と質問すると「娘の味覚を洗練させることです」と。「本物のおいしさを知ることで、人生は正しい方向に向かうのです」と。まだ若いわたしには、マダムのおっしゃった意味は...

「ヒーターで熱した水を流せば温かくなるだろうが

1歳前後になると、ハイハイから、つたい歩きが始まり、初めて立ち上がった瞬間に感動するものです。赤ちゃんから、幼児への第一歩。そんな時期、足腰の発達ともに、実は、手指の発達も急激なスピードで進んでいます。床に落ちた小さなホコリを見つけては、つまんでみたり、ティッシュボックスから、次...